利用規約

本規約は、株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下「C&R社」といいます)が運営するWEBサイト「SOW.TOKYO」内で提供するクリエイティブプラットフォーム「ファッションクリエイターズファイル」(以下「FCF」といいます)に会員登録し、プロフィールを掲載するプロフェッショナルクリエイター(以下「FCF会員」といいます)が遵守すべき規則等を定めたものであり、SOW.TOKYO利用規約の一部を構成するものであるものとします。本規約に定めのない事項はSOW.TOKYO利用規約の定めを適用し、本規約とSOW.TOKYO利用規約の定めに相違が生じた場合、本規約の定めが優先します。
FCF会員登録の希望者は、予め本規約の内容を確認した上で会員登録を行うものとし、会員登録を行ったFCF会員は、本規約に同意しているものとみなします。
第1条(サービス)
1.C&R社は、FCF会員向けのサービスとして、FCFにおいて以下のサービスを提供します。
(1) FCF会員の知名度向上および受託案件の増加を目的としたプロフィールの掲載 (2) FCF会員への案件の委託を希望するクライアントからの引合の受付およびFCF会員への取次 (3) FCF会員限定のクリエイティブ関連のニュース、講座案内等の情報提供 その他上記各号に付帯するサービス
2.FCF会員は、所定の手続に従い、自らのプロフィールおよび制作実績等をアップロードすることができます。
3.FCF会員は、制作実績および制作実績としてアップロードする画像が、自らの制作実績として公表して差し支えないものであること、第三者の秘密情報の開示に該当しないこと、第三者の著作権、商標権、肖像権等諸権利を侵害するものでないことを、自らの責任において確認するものとします。また、制作実績および制作実績としてアップロードする画像により第三者との間で問題が発生した場合、FCF会員自らの責任において当該問題を解決するものとします。C&R社は、当該問題に関して何ら責を負わず、問題解決に対する支援を一切行いません。
4.C&R社は、FCF会員のプロフィールおよび制作実績等が以下の事由に該当する場合、自らの裁量によりアップロードの拒否またはアップロードの中止を行うことができるものとし、FCF会員は、この措置に対して何ら異議、請求等を申し立てないものとします。
(1) ファッション業界のプロフェッショナルクリエイターとしての実績紹介と無関係な内容である場合 (2) 虚偽、誤り、不足がある等事実を正確に認識できない状態である場合 (3) 秘密保持義務その他の事由によりFCF会員が自らの制作実績として公表できない場合 (4) C&R社その他第三者の著作権、商標権、肖像権等諸権利、プライバシー、財産等を侵害するまたは侵害するおそれがある場合 (5) C&R社その他の第三者の誹謗中傷および名誉、声望等を毀損する場合 (6) 公序良俗に反する内容である場合 (7) 性的、わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待に相当する内容である場合 (8) 人種差別その他の差別または差別を示唆する内容である場合 (9) 自らの実績、技能等に関して「最高」「No.1」等の最高・最大表現を根拠なく使用した場合 その他FCFへのアップロードが不適切であると認められる場合
5.C&R社は、FCFの広告宣伝等に必要と判断した場合、FCF会員がアップロードした制作実績を、無償でC&R社運営のSNS等において自由に使用できるものとします。
6.FCF会員がクライアントから引合を受けた案件を受託する際にC&R社がエージェントサービスを提供するか否かは、FCF会員とC&R社が都度協議の上定めるものとします。なお、C&R社がエージェントサービスを提供する場合、FCF会員登録とは別に、C&R社が別途指示する登録を行うものとします。
7.FCF会員は、C&R社の事前承諾を得ずに、FCFを経由して引合を受けたクライアントから直接案件を受託しないものとします。
8.C&R社の事前承諾の有無にかかわらず、FCF会員がクライアントから直接受託した案件において問題が発生した場合、FCF会員自らの責任において当該問題を解決するものとします。C&R社は、当該問題に関して何ら責を負わず、問題解決に対する支援を一切行いません。
9.C&R社は、本条第1項に定めるサービスに加え、有償または無償にてオプションサービスを提供する場合があります。オプションサービスは、C&R社の判断にていつでも開始、中断、終了できるものとし、オプションサービスの内容、有償の場合の支払方法、利用可能なFCF会員の範囲、実施期間等の情報は、オプションサービス実施時に都度本サイトにおいて明示するものとします。
10.C&R社が有償サービスを提供する場合の金額および支払方法は、有償サービス提供時の説明において明示するものとします。
第2条(FCF会員)
1. FCFの利用を希望するプロフェッショナルクリエイター(以下「希望者」といいます)は、FCF会員登録を行うことにより、第1条に定めるサービスを利用できます。
2. FCF会員登録は、無料です。
3. FCF会員登録は、原則1人あたり1回のみとします。
4. FCF会員登録する場合の条件は、以下の通りです。
(1) ファッション業界のプロフェッショナルクリエイターとして、フリーランスにて3年以上の実績があるまたは企業にて5年以上の経験があること (2) 本人に直接連絡を取ることができるメールアドレスを有していること (3) 日本語を理解し、読み書きできることまたは日本語の理解、読み書きに必要な支援を受けることができること (4) 20歳以上であること (5) FCFを利用して案件を受注するために必要とされる完全な権利、能力を有していること (6) 破産その他の客観的に信用状態が悪化していると認められる状況にないこと (7) 第18条に定める反社会的勢力に所属せず、また、これらの者との関係を有していないこと (8) その他FCF会員登録を不適切と判断する状況でないこと 5. 法人によるFCF会員登録は、1法人あたり1回のみとします。なお、屋号やユニット名で活動している場合等法人格が無い団体では、法人でのFCF会員登録ができません。法人格が無い場合、代表者が個人の会員としてFCF会員登録を行ってください。
6. 法人がFCF会員登録する場合の条件は、以下の通りです。
(1) ファッション業界のプロフェッショナルクリエイターとして、フリーランスにて3年以上の実績があるまたは企業にて5年以上の経験がある従業員が在籍していること (2) 日本語を理解し、読み書きできる従業員が在籍していることまたは日本語の理解、読み書きに必要な支援を受けることができること (3) 破産その他の客観的に信用状態が悪化していると認められる状況にないこと (4) 第18条に定める反社会的勢力に所属せず、また、資本関係、役員、取引先等の態様を問わず、これらの者との関係を有していないこと (5) その他C&R社がFCF会員登録を不適切と判断する状況でないこと 7. FCF会員は、本サービス上で表示するユーザー名として、実名以外の名称、ブランド名等もしくは名称非公開を設定することができます。ただし、C&R社は、以下の事由に該当する場合、FCF会員が定めたユーザー名の使用を禁止することができます。
(1) 第三者の商標、著作物、商品名等と同一または類似しており、FCFにおいて使用することで当該第三者の商標、著作物、商品名等との混同または当該FCF会員に優位性をもたらす可能性がある場合 (2) 公序良俗に反する場合 (3) わいせつ性が認められる場合 (4) 他者を誹謗中傷する場合 (5) その他本サービスにおいて使用することが不適切であると認められる場合
第3条(FCF会員登録)
1. 会員登録は、FCF登録申込画面から希望者が所定の手続に従い会員登録申込を行い、C&R社が会員登録を承認することによりすることにより完了致しますが、申込を行った希望者が以下の事由に該当する場合、C&R社は会員登録を承認しない場合があります。
(1) SOW.TOKYO利用規約において定める事由に該当する場合 (2) 第2条に定める会員登録の条件が満たされない場合 (3) 第9条に定める確約に反する場合 (4) その他FCF会員登録が不適格であると認められる場合 2. 退会は、所定の手続に従い退会手続を行うことにより完了致します。
3. C&R社は、FCF会員が以下の事由に該当する場合、これを退会させることができます。
(1) SOW.TOKYO利用規約において定める事由に該当する場合 (2) 第2条に定める会員登録の条件が満たされなくなった場合 (3) 第9条に定める確約に反した場合 (4) 引合を受けた案件および受託した案件への対応において、クライアント等からの苦情申立が発生した場合 (5) その他FCF会員登録が不適格であると認められる場合 4. FCF会員は、退会後も、本規約に定める秘密保持義務等C&R社に対する義務およびクライアントとの取引における秘密保持義務、納品物に関する瑕疵担保責任等クライアントに対する義務を引き続き負うものとします。
第4条(秘密保持)
1. FCF会員は、FCFの利用およびクライアントとの取引において知り得たC&R社、クライアント、他の利用者その他第三者に関する情報(技術、営業、事業戦略、人事、財務または個人情報を含みますがこれに限りません)を秘密情報として管理し、情報の保有者の事前承諾無く利用せず、また、第三者に開示しないものとします。但し、以下の事由に該当することを証明できる場合は、この限りではありません。 (1) 知り得た時点で既に公知となっている情報 (2) 知り得た時点で既に受領者が知っていた情報 (3) 知り得た時点で受領者が第三者から守秘義務を負うことなく合法的に入手していた情報 (4) 知り得た後で受領者の責に帰すべからざる事由により公知となった情報 (5) 知り得た情報と無関係にFCF会員が開発、創作した情報 2. FCF会員は、自身の保有する秘密情報を他の利用者等が利用または第三者に開示していることを知り得た場合、自らの責任と費用負担において当該問題を解決するものとします。
3. FCF会員は、クライアント、他の利用者等から秘密情報の利用または第三者への開示に関する苦情の申立等を受けた場合、自らの責任と費用負担において当該問題を解決するものとします。
4. C&R社は、クライアント、他の利用者等からFCF会員による秘密情報の利用または第三者への開示に関する苦情の申立等を受けた場合、当該問題に関与するFCF会員に対して問題発生の通知を行うものとします。
第5条(個人情報)
1. C&R社の個人情報の取得および取扱は、C&R社が定める「個人情報保護方針」および「個人情報の取扱いについて」(以下総称して「個人情報保護方針等」といいます)ならびにSOW.TOKYO利用規約の定めに基づくものとします。
【個人情報保護方針等】
http://www.cri.co.jp/privacy/
2. FCF会員登録においてFCF会員から取得した個人情報は、個人情報保護方針等の定めにかかわらず、以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用します。
(1) SOW.TOKYO利用規約に定める目的のため (2) クライアントから引合を受けた案件および受託した案件における連絡調整および問題発生時の対応のため (3) その他上記目的に付随した連絡、書類等の発送、情報提供を行うため
第6条(反社会的勢力の排除)
1. FCF会員は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等その他これらに準ずる者(以下総称して「暴力団員等」といいます)に該当しないことおよび以下の各号のいずれにも該当しないことを表明しかず将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
(1) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること (2) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること (3) 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってする等不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること (4) 暴力団員等に対して資金等を提供しまたは便宜を供与する等の関与をしていると認められる関係を有すること (5) 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること 2. FCF会員は、自らまたは第三者を利用して以下の各号のいずれかに該当する行為を行わないことを確約するものします。
(1) 暴力的な要求行為 (2) 法的な責任を超えた不当な要求行為 (3) 取引に関して、脅迫的な言動をしまたは暴力を用いる行為 (4) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損しまたは相手方の業務を妨害する行為 (5) その他各号に準ずる行為
第7条(付則)
1. 本規約は、SOW.TOKYO利用規約の一部を構成するものとし、FCFに関連する問題が発生した場合、SOW.TOKYO利用規約および本規約の定めに従い問題を解決するものとします。
2. SOW.TOKYO利用規約が変更された場合、本規約は、変更後のSOW.TOKYO利用規約の一部を構成するものとします。
3. 本規約の変更は、SOW.TOKYO利用規約の定めに従い行うものとします。

本規約制定日:2017年4月24日