• THINK TOP
  • Fashion creator’s Opinion ASOBISYSTEM

Fashion creator’s Opinion

業界で活躍する方々に、ファッションに関する様々な意見を聞くインタビュー

ASOBISYSTEM
ASOBISYSTEM

ASOBISYSTEM

PROFILE

1981年、東京都生まれ。東洋大学経営学部在学中に、先輩とイベント運営会社を設立。卒業後もその事業を継続し、2002年から月曜のクラブを借り切った「美容師ナイト」などを開催。
07年にアソビシステムを設立。“青文字系カルチャー”の生みの親。会社を構える原宿でお気に入りの場所は隠田神社。

ビジネスのサイズ感を意識し、自分たちができることを手がける
「原宿は、学生時代から慣れ親しんできた大好きな街。当時はギャルブームで、渋谷が同じようなファッションで溢れていたのに対し、原宿はもっと自由で個性的。〝何かを自由につくり出していく街〞という印象が強かったですね」

 中川氏は、アソビシステムを設立する前から、原宿を拠点に服飾系の学生を集めたファッションショーや、火曜が休みとなる美容師に向けた月曜夜のイベント「美容師ナイト」などを手がけてきた。
アソビシステムは、得意とするイベントの企画・運営を足がかりに、自社サイトの運営、タレントマネージメント、飲食店やアパレルビジネス、日本のポップカルチャーを世界に発信する「もしもしにっぽんプロジェクト」の運営と、事業を多角的に拡大し、成長してきた。
「事業のコアは決めていませんが、要となっているのは人。エンターテインメント業界は究極の人ビ
ジネス。ですから、常に〝人〞を主軸にしています」

 頭にあるのは、ブームをつくることよりも、〝カルチャーを創る〞こと。
身の丈に合った〝ビジネスのサイズ感〞を意識しながら、自分たちができること、いいと思うことを手がけていく――その信念は、創業当時から変わらない。

「ブームは一過性ですが、カルチャーはずっとそこにあるもの。世間の人たちは、目の前にないものには反応しないので、〝お茶の間のちょっと上〞にあるものを見せることを意識しています。それがメディアに取り上げられ、広まっていく。日本のポップカルチャーも、そんなふうにして世界に広まっていきました。きゃりーぱみゅぱみゅにしても、新しさに目を付けたわけではありません。本人も含めて、自分たちがいいと思ったことを貫いた結果として、多くの人たちに支持されたと思っています」

 アソビシステムの特徴は、業界の垣根を越えてビジネスを展開していること。
「日本は、自動車業界、ファッション業界など、業界が縦割りの社会。そうした縦割りの業界を、例えばイベントなどの横軸で貫いていく。それが私たちならではの特徴だと考えています」
個人からの発信でも「いいものはいい」と認めてもらえる時代
 昔は新聞、週刊誌、テレビが主な情報源だったが、現代はニュースサイトから個人のSNSまで、多種多様になっている。
「あらゆる情報がオープンになり、好きなことを好きでいい自由さが出てきた。個人からの発信でも、認めてもらえる時代になっています。SNSのインフルエンサーが支持されているのも、それが理由でしょうね」

 消費者は、自分がいいと思うものを自由に買える。そんな今を、「楽しい時代」と評する。
「今や、誰でもゼロからすぐにイチを創り出せる時代です。SNSで発信し、ECで販売すれば、いきなりデザイナーにだってなれる。みんなに可能性が広がっているはず」

BACK NUMBER

MORE