• THINK TOP
  • Fashion creator’s Opinion C CHANNEL

Fashion creator’s Opinion

業界で活躍する方々に、ファッションに関する様々な意見を聞くインタビュー

C CHANNEL
C CHANNEL

C CHANNEL

PROFILE

1978年、埼玉県生まれ。2001年、信州大学経済学部卒業後、人材紹介会社に入社し、営業などを経験。04年、NHNJapan株式会社に入社、人事、経営企画業務に従事。08年より、モバイル、PCなどハンゲームの運営全般に携わった後、EC分野の関連会社にてEC事業管理に従事。16年2月、現社に転職し、動画コマース事業の立ち上げなどに携わる。

クリッパーが発信する縦型動画の約1分間ハウツー情報でブレイク
 C Channel株式会社が運営する『C CHANNEL』は、女性のための動画ファッションマガジン。ヘアアレンジ、メイク、料理など、女の子の知りたい解決策、ハウツー情報をわかりやすい動画で紹介する。
「C CHANNELの〝C〞はコミュニケーションのC。動画を通じて、ユーザーとコミュニケーションし、よりよいメディアにしていきたいという思いを込めています」

 C CHANNELがスタートしたのは、2015年4月。
「これからは、縦型動画の時代だ」と確信してリリースしたものの、当初は投稿者が遊びに出かけたスポットなどを紹介するブログ動画が中心。再生数は、期待していたほど伸びなかった。
そこで、当時世界的に注目されつつあったハウツー動画に方向転換したところ、アクセスがみるみる増え
てきた。

「C CHANNELの特徴は、内容を1分程度にまとめて縦型動画で発信していること。縦型にしたのは、スマホの形状に合わせた見やすさと、女性の全身や寄りの映像を見せるのに適しているから。また、1分を過ぎると離脱者が増えるということがわかったので、ユーザーが知りたい情報を端的に伝えることにしました」

 もう一つの特徴は、クリッパーと呼ばれる求心力のある人たちが、自ら撮影・発信していること。
「クリッパーは、雑誌でいう読者モデルと同じような存在です。インフルエンサーに加え、キャスティング事業を行う関連会社からのスカウトや一般の人たちなど、約500人のクリッパーを抱えています」

 本社内には、クリッパーが自由に使える、ヘアメイク、キッチンなど8つのオープンスタジオを用意し、撮影環境を整える。
また、社員による自社制作動画も発信している。「社員が自社スタジオで制作するので、早く安く発信できるのが利点。社内にノウハウが蓄積され、品質向上にも役立っています」
自社メディアとSNSを活用し、国内のF1層約1000万人にリーチ
 毎月400本以上制作している動画は、自社メディアに加えて、ラインやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSでも展開し、国内のF1層約1000万人にリーチ。
月間の平均再生数は、国内で3億5000万回を超えるという。

 さらに、中国、韓国、インドネシア、フィリピン、ベトナムなどアジア10カ国に進出するなど、グローバル展開にも力を入れている。
「海外展開の初期段階は、日本の動画に翻訳を加えてフェイスブックで発信。認知度が高まってきたところで、現地のパートナー会社に運営を任せていきます」

 全世界のフォロワーは、フェイスブックが約1000万人、ラインが約500万人、インスタグラム約120万人、ツイッター約35万人。17年1月には、全世界で月間再生数6億6000万回を記録した

BACK NUMBER

MORE