Fashion creator’s Opinion

業界で活躍する方々に、ファッションに関する様々な意見を聞くインタビュー

Creema
Creema

Creema

PROFILE

1979年、神奈川県生まれ。慶応義塾大学商学部在学中から、プロのDJとして国内外で活動。2004年、新卒で大手インターネット広告代理店に入社。4年後に退社して起業。
14年には文化服装学院で1年間講師を務め、インターネットをファッションビジネスに生かす手法を講義。

創作品のC to C取引という文化を日本につくることからスタート
 大学時代からプロとして音楽活動に打ち込んできた丸林氏が、20歳の時に感じた怒りにも似た違和感。それは、才能があるにもかかわらず、好きな音楽やアートだけでは生計を立てられない人たちが多すぎることだった。
その頃から抱き続けてきた「才能あるクリエイターが評価される、フェアな世の中に変えたい」という思いと起業のタイミングが合致し、2010年に誕生したのがCreemaである。

「クリエイターの賛同は得られましたが、難しかったのは買い手を増やすこと。当時の日本には、まだ〝個人クリエイターの作品を買う〞というカルチャー自体がなく、CtoCマーケットプレイスすら一般的ではない状況だったので、スタートから数年間はかなり苦戦しました」

 そこで、まず取り組んだのがインターネットサービスとしての機能を徹底的に改善すること。
そして同時に、日本ではまだ顕在化していなかった、ブランド・メーカー品ではない「個人クリエイターの作品を買う」というカルチャーを広めることにも注力した。

「そのカルチャーが育たないと、創作品のCtoCマーケットプレイスは成立しません。そこで、カル
チャーをつくるにはリアルの体験が有効だと考え、ハンドメイド作品を売買できるイベントを精力的に開催。リアルの体験がインターネット取引にどう連動しているかは今も未知数ですが、カルチャーの醸成には十分役立ちました」
正当な評価と、好きな仕事で食べていける多様な選択肢を提供
 低迷期を抜け出してからの業績は、毎年400%増。今や約11万人のクリエイターが、400万点を超えるハンドメイドの作品を出品し、アプリのダウンロード数は500万件超という日本最大級のハンドメイドマーケットプレイスに成長した。

 Creemaの特徴は、出品者の大半がプロやプロを目指している人たちであること。アート作品も多く、クオリティレベルも高い。また、16年にはCreema中国語版の提供をスタートし、台湾・香港へ進出。
出品者は、作品をクロスボーダーで販売することもできる。
「Creemaの登場によって、きちんと評価されるべき才能や努力など、〝個〞の可能性に光が当たるようになった。才能が正当に評価され、好きな仕事で食べていくことができるのは、とてもポジティブなこと。クリエイターの生き方に、多様な選択肢を提供できたのではないかと思っています」

 実際、自分の個人サイトで2万円だった月商がCreemaに出品するようになって100万円に達した作家、Creemaで実績を積み、起業した人など、数えきれないほど多くの成功事例が届いている。

 今夏5回目となる「ハンドメイドインジャパンフェス」には約5万人が、3回目となる昨冬の「クリーマクラフトパーティー」には約2万人が来場するなど、イベントの規模と人気も圧倒的だ。

「人気ブランドの服をワンクリックで手早く買うBtoCと違って、Creemaには売り手と買い手のウェットなコミュニケーションがある。イベントは、そんな作り手と買い手が直接話せるハッピーな場となっています。北海道と沖縄の人、東京と台湾の人がCreemaで出会い、感性でつながっていく――Creemaは、人と人との物理的距離をなくし、心の距離を近づけているのです」

BACK NUMBER

MORE