肖像

ファッション業界の最前線で活躍するトップクリエイターの方々にインタビュー

原 由美子 vol.3

PROFILE

原 由美子 (ハラ ユミコ)
原 由美子氏に聞いた20の質問

1945年 誕生。神奈川県鎌倉市で育つ
1967年 慶應義塾大学文学部仏文学科を卒業後、日仏学院に通う
1969年 『ELLE』の整理係として、『アンアン』創刊準備に携わる
1972年 『アンアン』50号で初めてスタイリストの仕事に携わる
1973年 初の海外ロケ。パリコレを取材(~2011年)
1974年 『婦人公論』巻頭のファッションページの連載を担当
1977年 『クロワッサン』の創刊メンバーに加わる
1982年 『エルジャポン』(平凡出版)創刊号より1年間、ファッションディレクターを務める
1986年 『マリ・クレール日本版』でシャネルをはじめファッションページをスタイリング
1988年 『Hanako』創刊号をはじめファッションページをスタイリング
1991年 毎日ファッション大賞の選考委員(2012年まで)
1993年 『エスクァイヤ日本版』の連載
「Weekend Gentleman原由美子の〈週末の紳士たちへ〉」スタイリング
1997年 JAS(日本エアシステム)の新ユニフォームの企画を担当
2002年 『和樂』の連載「和の心で着るモード」スタイリング
2004年 「日本クリエイション大賞」の選考委員(~現在)
2010年 『フィガロジャポン』で「きもの上手」連載(2015年に書籍化)
2012年 著書『原由美子の仕事 1970→』(ブックマン社)を出版

AWARD HISTORY
1995年 ミモザ賞
2012年 第54回FECJ特別賞
2014年 第32回毎日ファッション大賞 鯨岡阿美子賞  

     

「洋服ってこんなに楽しくてきれいなんだ」。
この感動を伝えるため、スタイリストになった

多忙なスケジュールをやりくりしながら、原がずっとこだわり続けてきたのがパリ・コレクションの取材である。
73年、初めて観たパリコレに衝撃を受け、「スタイリストこそ自分の仕事」と覚悟を決める。
原はファッションのプロになることを目標にして、2011年までの38年間、年2回のパリコレに足を運び続けてきた。

 73年、初めてのパリコレで観たKENZOのコレクションに、「あぁ、洋服ってこんなに楽しくて、きれいなんだ」と衝撃を受けました。
カール・ラガーフェルドのクロエも素晴らしかった。

そして、「日本人も今に、こういう服を海外の雑誌ではなく、日本の雑誌で見られるようになるはず。
この楽しさを、私なりに伝えていきたい」と思ったのです。
その時に、スタイリストとして生きていく覚悟が固まりました。以来38年間、年2回パリコレに通い続けました。
最初の一回は出版社から経費が出ましたが、その後はほぼ飛行機代も宿泊代も自腹です。

 ファッションの楽しさを伝えたい――その気持ちで取り組んできたなか、特に思い入れのある仕事を一つだけ挙げるとしたら、洋服に本当に力がある時代に全力で取り組んだ『エルジャポン別冊スペシャルモード'85春夏』(マガジンハウス)です。
約80ページのスタイリングを担当し、モロッコとニューカレドニアで撮影しました。
そんな贅沢なロケは二度とできないでしょうし、自分の体力、気力的にももう無理ですね。

38年間、パリコレを見続けてきた原由美子さんは、今のファッションシーンをどう見ているのか?  次回に続きます。

BACK NUMBER

MORE