肖像

ファッション業界の最前線で活躍するトップクリエイターの方々にインタビュー

高田 賢三 Vol.4

PROFILE

高田 賢三 (たかだ けんぞう)
高田 賢三氏に聞いた20の質問

1939年 2月27日、兵庫県姫路市生まれ

1958年 神戸市外国語大学を中退し、文化服装学院師範科に入学

1964年 6カ月の予定でパリへ船で向かい、そのまま住みつく

1970年 独立し、自分のブティック「JUNGLE JAP」を開業

1985年 東京にケンゾー・パリ株式会社を設立

1993年 フランスの企業グループ、LVMHにブランドを売却

1999年 「KENZO 30ANS」を最後に、ブランドを退く

2002年 独立デザイナーとして復帰。フランスの通販雑誌『ラ・ルドゥート』にデザイナーとして参加

2006年 「TAKADA」で、2007年春夏コレクションを発表

2010年 パリで「能」をテーマした絵画の個展を開催

 

MORE

     

70年、ブティックを構えコレクションを発表。瞬く間にモード界の寵児となる

—70年は、フル回転で働いた。6月にフランス人のジル・ライスが経営に参加。プレタポルテのデザイナーは、自社のショールームで服を見せていた時代に、賢三は会場を借りてショーを開催。10月、カフェ「ビルボケ」で発表した’71春夏コレクションには、世界中からバイヤーが集結。デビュー年にはコレクションを4回発表し、さらに他社の仕事も請けるなどして、借金は1年間で完済した。

自分が世界に認められたと思えたのは、’71-’72秋冬コレクションですね。前回とはガラリと変えたシックなデザインが話題となり、ショーを見ていなかった『アメリカンヴォーグ』の編集長が、わざわざアトリエを訪ねてきたほど。ちなみに、その後に発売された『エル』のコレクション特集は、20ページの3分の2が僕の服でした。当時の僕は、自分でも信じられないほど次々とアイデアが湧いてきたし、本当にツキまくっていたんですよ。

—賢三の集客力に目をつけ、「サンディカ」が合同でコレクションの開催を持ちかける。71年10月、賢三とドロテビス、シャンタル・トーマスが、同じ場所で’72春夏コレクションを合同発表。この初の試みが、パリコレ・プレタポルテの原型となった。’72-’73秋冬コレクションは、800人収容の会場に2500人近くが集まり、モデルが通路を歩けず、ショーを途中で中止する騒ぎに。オートクチュールと合同でコレクションを発表するようになると、サンローランと賢三が人気を二分し、70年代モードの牽引役となった。

73年頃、サンディカ(フランスオートクチュール・プレタポルテ連合協会)から「合同でコレクションを発表しないか」とのオファーを受けました。そこで、74年頃から、オートクチュールのメゾンとプレタポルテ10社ぐらいが、一緒に発表するようになった。これが、現在の「ファッションウィーク」が生まれたきっかけだと思います。僕の中で出来がよかったと思うショーは、’75-’76秋冬の「中国ルック」。もう一つ印象的なのは、’78-’79秋冬の「ミリタリー・ルック」かな。白いチュールを使ったウエディングドレスをつくりながら、「この衣装を着たモデルが、白馬に乗って登場したらかっこいいね」と盛り上がっていたら、何とジルが本物の馬を調達してきた。派手なショーはお金がかかるのに、70年代は好き勝手をしていましたよ。

70年代の黄金期ののち、80年代になると経営者としての様々な試練が待ち構えていました。
世界のファッションを駆け抜けた髙田賢三氏が、今何を感じているのか?
 いよいよ次回は最終回となります。

BACK NUMBER

MORE