肖像

ファッション業界の最前線で活躍するトップクリエイターの方々にインタビュー

森永邦彦 Vol.1

PROFILE

森永邦彦 (もりながくにひこ)
森永邦彦氏に聞いた20の質問

1980年 東京都国立市に生まれる
1998年 代々木ゼミナールにて英語講師・西谷昇二氏の授業で神田恵介を知る
1999年 神田と同じ早稲田大学社会科学部に入学。
      京王井の頭線内でのファッションショーに衝撃を受け、服づくりを始める
2000年 ANREALAGEを開始
2002年 青山円形劇場でファッションショーを行う
2003年 早稲田大学社会科学部、バンタン研究所を卒業。
同年、ANREALAGEを会社化する
2005年 東京コレクションに参加
2011年 東京原宿に直営店をオープン
2014年 2015 S/S パリコレクションに進出。TBS番組『情熱大陸』出演
 

MORE

     

服の力を信じている。 日常と非日常を行き来する 「スイッチ」としての服を 日本から世界に向け問いたい

人生を変えた神田恵介との出会い。見慣れた風景を一着の服が刷新した。
家庭科が大嫌いだった青年はいかにしてファッションに目覚めたのか? その瞬間は唐突に訪れた。「公務員になろう」と考えていた高校生の森永邦彦の前に現れたのは、現在「KEISUKE KANDA」のデザイナーとして活躍する神田恵介の服だった。出合いの場所はなぜか予備校の教室。以来、森永青年は神田の「おっかけ」と化す。

 出身は東京都の国立市。父は国立市役所勤務の公務員で、最後は市立図書館の館長に。母は専業主婦でしたが、子供服の会社に勤めたり、婦人服の販売員をしていたことがあって、よく服をつくってくれました。服を着ることに目覚めたのは高校時代です。当時の裏原系ブームに乗って原宿通い。ですが、楽しい高校時代だったかというと、そうでもなかった。中学まではバスケの選手かピアニストになりたいという夢があったのですが、高校に上がると自分よりすごい人たちがゴロゴロいる現実を突きつけられました。阪神大震災やオウム事件があって、社会情勢も暗かったですね。本気になれるものを見つけられず、ぼんやりしたまま、受験生活に突入していました。
 ところが高3の秋に神田恵介という人に出会ったんです。今の僕は、この人への憧れから始まったといっていい。彼と会うまでの経緯がおかしくて、きっかけは僕が通っていた予備校の有名なカリスマ講師、英語の西谷昇二先生の授業でした。彼が授業中に10分ぐらい、文学、音楽、フランス、恋愛など勉強とは関係ない話をするんですね。それが面白くて、僕は教室の一番前の席で毎回カセットテープに録音していました。その先生が、ある日神田さんの服を持ってきた。衝撃でした。裾は切りっぱなしで、アシンメトリーな変な形で。今までに見たことのない洋服がそこにありました。それまで僕が親しんできたピアノやバスケには決められた型があって、型をどう正確にこなすか、という戦いでした。でも神田さんの服には型がない。先生が言うには「この服は元教え子の大学生がつくっていて、一着一着に曲のタイトルのような名前をつけている。この服は『アバウト・ア・ガール』という名前で……」。そんな面白い人がいるのか!と。
 それからの僕はほとんど神田さんのおっかけです。先生にお願いして神田さんを紹介してもらい、その場で「神田さんのようになりたい、弟子にしてほしい」と頼み込みました。今思えば、なんと非常識な(笑)。神田さんには「君は受験生だし、僕もまだ服をつくり始めたばかりの何者でもない」と突き放されてしまった。でも逆にスイッチが入っちゃって、神田さんと同じ早稲田大学社会科学部に進学したんです。

神田恵介氏との出会いで人生が大きく動き出した森永氏。早稲田大学で神田氏とともに過ごす中で得たこととは? 次回に続きます。

BACK NUMBER

MORE