肖像

ファッション業界の最前線で活躍するトップクリエイターの方々にインタビュー

菊池 武夫 Vol.4

PROFILE

菊池 武夫 (きくち たけお)
菊池 武夫氏に聞いた20の質問

1939年 5月25日、東京千代田区生まれ
1959年 文化学院美術科に入学
1961年 原のぶ子アカデミー洋裁学院に入学
1962年 原のぶ子アカデミー洋裁学院を卒業。ルリ落合のアトリエで、佐久間良子の映画衣装を手がけた後、銀座のクチュリエ2店(マダムミキで4カ月、ミモザで6カ月)で女性の注文服制作を経験
1963年 稲葉賀惠と結婚
1964年 自宅にアトリエを構え、稲葉賀惠と2人で注文服を手がける
1969年 ヨーロッパとアメリカを1人で2カ月間旅行する1970年 大楠祐二と株式会社ビギを設立。表参道に1号店をオープン
1975年 株式会社メンズ・ビギを設立。青山キラー通りに1号店を出店  

MORE

     

気分の浮き沈みにもがき苦しみながらもタケオキクチを人気ブランドに育てる

84年、次のステップに進むべく、ワールドへの移籍を決意。新ブランド、「タケオキクチ」を発表し、洋服以外のデザインへも活動範囲を広げ、ビジネスセンスを発揮していく。

ワールドへの移籍にあたり、洋服のデザインだけでなく、洋服周りのデザイン活動にも範囲を広げたいという思いを、寺井秀藏さん(現ワールド社長)に伝えました。そして実現したのが、86年に開店した西麻布のTKビルディング。バーバーやスヌーカーバーを併設し、洋服を取り巻く環境全体を提案した80年代型の新しいショップです。

僕は、これまでデザインアイデアが出なくて困った経験がありません。性格的に飽きっぽいせいか、手がけている作品が完成する頃にはもう飽き始めて、次のことを考えている。その繰り返しが、新しい発想につながってきた。 苦しんできたのは、気分の浮き沈みです。最初は「僕がやっていることは最高だ!」と思う。ところが、次の瞬間にはテンションが急降下して、自分がやっていることすべてが嫌になってしまうんです。

特にひどかったのは、86年春夏のショー。直前までは「テーマもストーリーも最高だ!」と気分は絶好調。でも、リハーサルの直後に「すべてが最悪だ……」と気分がどん底に沈んでしまった。洋服のできや評判云々ではなく、演出など自分がかかわっていることすべてを否定したくなる……自分で自分を追い詰めてしまう感覚です。

このショーは人気があったので3回の公演を予定していましたが、1回目が終了したとたん全身の血の気が引いて醒めていく。この時は、どうにも耐え切れず、僕は途中で帰宅してしまった。風呂に入って何とか平常心を取り戻し、最終回には戻りましたが、その後も気分の落ち込みがしばらく続きました。何年か経って、周囲から「今までのベスト3に入るショーだった」と言われ、ようやく「そうかもしれない」と受け入れることができたんですけどね。

「タケオキクチ」で服を超えたデザインの世界を作り上げた菊池氏。
その後、引退、そして話題となった2012年のクリエイティブディレクター復帰。次回は最終回です。

BACK NUMBER

MORE