FASHION NOUVELLE VAGUE

新世代の躍動

ファッション業界で活躍する若手クリエイターをピックアップ

SHIGA
  • SHIGA

    ファッション界に新しい旋風を巻き起こす新進気鋭のクリエイターたち。次世代を担う彼らのクリエイションとは?ファッションで目指す世界観とは?

  • PROFILE

    志賀 亮太
    1985年、福島県生まれ。アントワープ、ミラノでの修業後、アメリカ、ドイツ、ニュージーランド、シンガポール、中国でコレクション発表し、多くの賞を受賞。
    2011年、自身のブランドRYOTASHIGA(14年にSHIGAに改名 )をスタート。

  • ヨーロッパで得たグローバルな視点が生きる日本独自のエレガンス

    オリジナルのテキスタイルと流れを生み出すカッティングで優雅なスタイルを生み出す「SHIGA」。デザイナーの志賀亮太氏は、昔から服が何よりも好きだった。高校時代は、出身地のいわき市にあるお気に入りのセレクトショップ「M-TWO」へ足繁く通った。
    そこで親しくなったバイヤーから「ファッションを仕事にしたいならパリへ行きなさい」と言われたことが大きな刺激に。
    杉野服飾大学在学中、件のバイヤーに誘われ、パリのファッションウィークを観る機会を得る。

    「様々なメゾンのランウェイを目の当たりにして衝撃を受けました。特に印象的だったのが、山本耀司さんの『Y-3』です。世界中のスーパースターたちと肩を並べ、人の日本人がクリエイションを発信している。この時ですね、本気でデザイナーを志したのは」

     卒業後は単身イタリアへ渡り、アントニオ・ベラルディの下でデザイナーとしての第一歩を踏み出した。そこで志賀氏は、ヨーロッパと日本のものづくりの違いを体感する。
    「ヨーロッパの生地工場は、自分たちがいいと思うものをデザイナーに提案したりします。一方、日本の工場はデザイナーの求める新しいデザインを精緻につくることが得意。独特の〝間〞や〝侘〞・〝寂〞がある日本のエレガンスには、生地職人の繊細な仕事が欠かせないのです。服づくりにおける日本の職
    人力は、世界に誇るべきものだと感じました」

    繊維産業を活性化し、都市の創生へと導くファッションの力

     アメリカ、ドイツ、シンガポールなど、世界各国でコレクションを発表し、数多くの賞を獲得。
    2010年、デザイナーとしての実力をつけて帰国した。
    その後は、日本全国の生地生産地を巡り、素材を吟味しながら、日本でしかできない服づくりに専念。
    しかし、繊維産業の現状を知るにつけ、このままでは近い将来、日本の生地づくりが途絶えてしまう……そんな危機感を感じるようになる。

    「デザイナーの自分ができることはないだろうか」。自問自答を続けるなかで導き出したのが、「都市をつくる」という構想だった。
    「ファッションやデザインの力で、日本に点在する生地生産地に再び活気を取り戻すことが第一のミッションであると考えるようになりました。さらに次代を担う起業家たちと協力し、新たな産業を根づかせていくことができれば、そこには人が集まり、都市を生み出す可能性がある。そのような都市が全国各地に増えれば、東京だけではなく、地方からも日本を代表する文化を世界へ発信できるのではないか、と」
     
     17年5月、志賀氏はあえて拠点をパリに移した。
    歴史や伝統を守りつつ、多様な変化に対応し、復活を成功させているヨーロッパの都市についてリサーチと研究を重ね、日本に適した都市づくりの手法を探るためだ。
    「20年の東京オリンピック開催までは、世界中が日本の動向に注目しています。このタイミングを生かしてチャレンジしていきたい」 

     志賀氏はデザイナーの視点を武器に、ファッションだけにとどまらない、大きなビジョンを描き始めている。

    20questions

    志賀 亮太氏に
    聞いた20の質問

    • Q1.好きな本は?
      新渡戸稲造氏が書いた武士道です。
    • Q2.好きな音楽は?
      Philip Glass氏のアルバムGlassworks です。
    • Q3.好きな映画は?
      宮崎駿監督の映画、もののけ姫です。
    • Q4.お気に入りの場所は?
      海・深海です。
    • Q5.お気に入りのファッションアイテムは?
      コート スカーフです。
    • Q6.最高だと感じる瞬間はどんな時?
      点と点が繋がる瞬間です。
    • Q7.いま、最も関心のあることは?
      都市とファッションです。
    • Q8.いま会ってみたい人はいますか?
      René Redzepi氏、宮崎駿氏
    • Q9.意識しているデザイナーはいますか?
      Coco Chanel氏
    • Q10.仕事で一番愛用しているものは?
      Mac Book Pro
    • Q11.デザインするとき、イメージする人はいますか?
      凛とした、しなやかな女性です。
    • Q12.デザインのインスピレーションはどんな時?
      美しいこと、ものを見つけた時です。
    • Q13.アイディアが出ないときはどうしていますか?
      一旦場所を変えて、今最も好きなことに集中しています。
    • Q14.クリエイティブのための習慣はありますか?
      本質とは何か?を捉えるようにしています。
    • Q15.ファッションデザイナーにならなかったら何になっていた?
      fashion buyerになりたいと思っていました。
    • Q16.あなたにとってファッションとは?
      私の人生であり、最もエキサイティングな事でもあります。
    • Q17.ご自身の考えるファッションデザイナーの定義は?
      2011年まで、ファションデザイナーは流行やスタイルをつくるのが仕事だったと思います。しかし、近年のファストファッションが強い影響力を持つ中でスピード感の早いファッションサイクルが洋服の価値を軽薄にし、ある意味女性を解放していますが、未来に目を向けるとそれが社会の発展を妨げてしまっているように感じます。ですので、今後のファッションデザイナーは、デザインという手法を通じて何かの課題を美しく解決、進化させていくことだと思います。
    • Q18.ファッションデザイナーに必要な要素とは?
      どんな仕事にも言えることだと思いますが、情熱を持ち、探求していくこと。だと思います。
    • Q19.若手クリエイターに対して一言お願いします。
      江戸時代の鎖国によって育まれた侘び寂びの美意識は、日本の持つ最大の魅力であり、大胆さと繊細さ、余白の美や自然との共存などからくるエレガンスも世界に通用する日本の武器です。アートの世界ではピカソが、プロダクトデザインの世界ではスティーブ・ジョブズがその価値観から大きな影響を受けていますが、私はファッションにおいてその価値観の可能性を拡げて行きたいのです。そのために日本の職人や産地などの世界に通用する財産を将来に向けて、共同体となり一緒に守っていきましょう。
    • Q20.未来のファッション業界にひとこと。
      私の目指す、一連の流れにおいて女性のファッションに対する価値観に変革を起こすことが重要であるということを提言したいと思います。 近年世界中で女性のリーダーが国や組織を動かしている傾向が強まる中で、彼女達は男性が作ってきた歴史とは別の次元で、調和と共生を望み、多様性と寛容なサスティナブルな社会を作ることに重きを置いているように感じます。そんな女性達が着る服はどんなものかを考えてみたところ、やはり社会との繋がりがある服なのではないかと思います。日本で言えば、日本の伝統的な価値観を生み出してきたクラフツマンシップとの繋がりを持った美しい服です。そのような服を選ぶ女性が増えると男性の意識が変わり、人、街、都市へと変化が起きてき、長いスパンで考えるとファッションが都市を変えていくことになるのです。
       2020 年以降の日本がさらに進化し、固有の創造性や伝統と進化がある都市を作るため、ファッションという切り口から文化芸術、政治、金融、テクノロジーといった分野と力を合わせながら都市づくりを目指して行きたいと思います。

    PICUP

    • 2017春夏コレクション

    • 2017春夏コレクション

    • 2016-17年秋冬コレクション

    • 2016-17年秋冬コレクション

    • 2016年春夏コレクション

    • 2015年春夏コレクション

    • 2015年春夏コレクション